2018年08月15日

手作り砂時計体験を実施しました

eye_c_01.jpg

「デルサタ(メ〜テレ)」での報道以来、毎日「砂時計を作りたいのですが」との問い合わせが殺到しています。
スタッフがそれなりにたくさんいればいいのですが、突然の電話だとスタッフを揃えることもなかなか難しいです。
昨日は何とか14:00からまとめて一人で対応できましたが、早い人は時間が待ちきれずに13:00から来てくれた方もいました。

そんな中、スタッフが少なくても対応できるようにと新たな道具を取り入れています。
それは、スタッフの一人が、誰でも簡単に砂を入れて画用紙を貼り付けることができる「砂入れ器」を作ってきてくれたからです。
この新兵器のおかげで、最近の団体での砂時計教室では「砂入れコーナー」に行列ができることはなくなりました。

笑顔で「いい思い出ができたね」と子供さんに話しかけて帰っていかれるのを見るたびに、みなさんと一緒にこのプロジェクトを展開してこられたことに感謝の気持ちでいっぱいになります。
この活動に関わっていると時間が経つのも忘れるくらい楽しいです。
世界に一つしかない、自分だけの砂時計を作ってアトリエを後にするお客さんの笑顔が、本当に嬉しそうで輝いています。

blog0571.jpg

blog0572.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年08月11日

手作り砂時計体験を実施しました(美浜少年自然の家)

eye_c_01.jpg

奈良県のコミュニティの生徒さん55名に砂時計制作をしていただきました。

10年程前、ライオンズクラブの校舎建設事業で小学校校舎を建設、寄贈したラオス北部ウドムサイ県ドンサイ村の子供たちへのお土産として砂時計はどうか?との打診がありました。
ラオスは周りを5つの国に囲まれた海のない国。そこに美しい内海海岸の砂の流れる砂時計をお土産に、というお話でしたので喜んでお引き受けしました。
そこで、今回参加の子供たちには、ラオスに持っていく砂時計を作ってもらうことになりました。
美浜ライオンズクラブの葉山会長も会場に駆けつけてくださいまして、アジアで最貧国といわれるラオスの子供たちのことを熱く語っていただきました。
協力してくれた子供たちには、ラオスの子供たちの日常や、藁ぶき屋根の校舎で勉強している写真をフォトフレームに入れてプレゼントしました。

今後、これをきっかけに山の子供たちと海の子供たちの交流ができたらと思います。
今回は砂時計の材料も一緒に持っていってもらい、ラオスの子供たちにメコン川の砂を使った砂時計を作ってもらう予定です。
いつかラオスを訪問した際には、地元の子供たちの作った海の砂の砂時計と交換できたら、などと今から夢を膨らませています。

blog0569.jpg

blog0570.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

「デルサタ(メ〜テレ)」で紹介されました

eye_c_01.jpg

鈴木ちなみさんと濱田準さんが来てくれました。

blog0558.jpg

blog0559.jpg

blog0560.jpg

blog0561.jpg

blog0562.jpg

blog0563.jpg

blog0564.jpg

blog0565.jpg

blog0566.jpg

blog0567.jpg

blog0568.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年08月05日

手作り砂時計体験を実施しました

eye_c_01.jpg

朝、とある宿泊施設から「お泊りされたお客さんが砂時計作りをしたいんだけど、いいですか?」との電話。
「もちろん」とアトリエでお待ちしていると、14:00に親子連れが4人見えました。
静岡から来たそうで、「暑すぎて泳げないけど、せっかく内海に来たのだから」と、思い出作りに訪れてくれました。
初めのうちはお母さんが「早くしなさい」という感じでしたが、そのうちに子供さんよりもパパやママのほうが夢中になって、結局2時間以上も砂時計制作に没頭していました。
完成した砂時計を手に、「夏休みの宿題が一つできた」と喜んで帰っていかれました。
また来てね「砂時計の町、内海」に。

blog0556.jpg

blog0557.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年07月22日

手作り砂時計体験を実施しました(常滑東小学校)

eye_c_01.jpg

美浜少年自然の家で実施されたサマースクールにて、102名の児童を対象とした砂時計作りの講師として参加しました。
開講の挨拶の時、いつものように「内海を知っている人?」と問いかけてみました。
常滑の子供たちだというのに、知っていると答えた子は1割足らずでした。
いかに内海が現代社会から忘れ去られているのか、ということを思い知らされます。
これまで名古屋市の小学校4校では、せいぜい1校に1人か2人でした。
岐阜の小学校105名においては0人でした。
これからもますます、みなさんのご理解とご協力をいただきながら、「砂時計の町、内海」を広くみなさんに知っていただくために楽しく活動していきたいと、あらためて感じました。
今回は美浜ライオンズクラブの会長さんや、南知多ライオンズクラブの事務局のみなさんのご参加も賜りました。
これからも、少しずつですが仲間の輪を広げていきたいと思っています。

blog0552.jpg

blog0553.jpg

blog0554.jpg

blog0555.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年07月15日

次回下準備作業日程:7月23日(月)、24日(火)

eye_c_02.jpg

現時点で予定している作業日です。

7月23日(月)10:00〜
7月24日(火)14:00〜

ご協力の連絡をいただきましたのでお知らせいたします。
時間のできる方は、ご参加くださいね。
お待ちしていますよ。
(担当:橋本(Tel:090-1234-3895))


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2018年07月07日

手作り砂時計体験を実施しました(長須賀小学校)

eye_c_01.jpg

名古屋土曜学習プログラム4校目の長須賀小学校に行ってきました。
体育館が2階、ボランティアの大学生が女性ばかりだったということもあり、みなさんにはご負担をおかけしました。
今回も手慣れたもので、子供たちにも楽しくスムーズに制作してもらえたと思います。
90名でしたが、最後の子が貝殻を付け終わったのが11:35でしたので、残りの時間は子供たちに「ほしい子は、貝殻を持ち帰ってもいいよ」と用意したビニール袋を配ったら、ほとんど全員が楽しそうに目を輝かせて自分の気に入った貝殻を選んでいました。
先生とのお話で、都会の子供たちには海岸の自然と触れ合う機会がなかなかないので、このようなふうにしていただいて本当にありがとうございました、とお礼を言われてしまいました。
最後に「砂時計の町、内海」のパンフレットを配って、「今年の夏は、内海に海水浴に来てね」とお願いをして長須賀小学校を後にしました。
その後、いつもの一刻魁堂で昼食、乾杯。
いつもはこれで解散でしたが、みなさんから「午後は暇だから今から作業をやろう」と言っていただき、そのままアトリエに。18:00まで下準備作業をして、終了後は恒例の乾杯。
ご参加のみなさん、お疲れさまでした。楽しかった。

blog0548.jpg

blog0549.jpg

blog0550.jpg

blog0551.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年06月30日

手作り砂時計体験を実施しました(岩塚小学校)

eye_c_01.jpg

名古屋市教育委員会の開催している、名古屋土曜学習プログラムでの一連の手作り砂時計体験ですが、今回は過去2番目に多い161名の児童が集まってくれました。
体育館で行うのは4度目ですので、手慣れた要領でテキパキと準備できました。
教育委員会の職員、学生ボランティア、そしてわれわれの合計22名で、開会から閉会までスムーズに行うことができました。
最後に子供たちに「貝殻をビニール袋に入れて持ちかえってもいいよ」とのアナウンスに、みんな嬉しそうに貝殻コーナーに群がって内海海岸の貝殻を選んでいました。
この日は教育委員会の上の方もお見えになっていて、雑談の中で、「この砂時計の土曜学習は、過去に例をみないほどの人気で、参加人数も今までで最高です」と、ほめていただきました。
これも、今回参加したみなさん、そして日頃アトリエに集まって材料の下準備を手伝いにきていただいているみなさんのご協力の賜物と、しみじみと感じました。
これからもご協力、よろしくお願いいたします。

blog0547.jpg

blog0543.jpg

blog0544.jpg

blog0545.jpg

blog0546.jpg


→YouTube 手作り砂時計体験:講義(2018年6月)


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年06月27日

手作り砂時計体験を実施しました(内海高等学校)

eye_c_01.jpg

内海高校にて、知多半島一円の家庭科の先生方を対象に手作り砂時計体験を実施しました。
今回は先生ばかり、ということもありまして、いつもの小学生の時に使うカッティング、両面テープ、プラバン加工の終わった材料ではなく、ハレパネをカットするところから一連の作業を行っていただきました。
予定時間が1時間、とお聞きしまして、これはよほどピッチを上げないと時間内には完成できないな、と思っていましたが、そこはみなさん、日頃生徒さんに指導をしてみえるだけありまして、きっかり終了時間には全員が完成しました。
みなさん、制作中は童心に帰って、本当に楽しそうに作業してお見えでした。
特に、マスキングテープを張る工程では、どの先生の瞳も純真な子供のように目を輝かせて楽しそうでした。
おかげさまでわれわれスタッフ一同も、楽しいひと時を過ごさせていただくことができました。感謝です。

blog0539.jpg

blog0540.jpg

blog0541.jpg

blog0542.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績

2018年06月25日

手作り砂時計体験を実施しました(岐南町立東小学校)

eye_c_01.jpg

美浜少年自然の家で実施された宿泊研修にて、児童105名を対象とした砂時計作りの講師として参加しました。
今までいろんな小学校の児童と一緒に砂時計作りをしてきましたが、今回の児童は本当に屈託がなく、素直でのびのびと教育を受けているように感じました。
担当の石原先生はじめ教頭先生も、素朴な人間味あふれた方で、とても素敵な先生が多くお見えになりました。自然の家の職員さんも、これまた、どなたもいい感じの方々でした。
殺伐とした世の中、人間関係の流れの中で、ほっとしたひと時をいただきました。
これまでは、一度に40名以上というのは経験がなかったのですが、今年になって名古屋市教育委員会のおかげで、106名、170名の経験をさせていただきましたので、今回もスムーズに楽しんで頂けたのではと、自画自賛してる次第です。
しかし、何といっても一番の成功の立役者はチームスタッフのみなさんだと思います。
準備から撤収まで、あまり言葉はなくても、阿吽の呼吸でテキパキと行動していただきました。
子供たちに対する接し方も、本当に真心のこもった語り掛けで、いい思い出になってくれたのではないかと思います。
この活動を通じて、これからももっともっと多くの学校、地域、自治体、企業のイベントに参加して、この美しい内海の砂浜を広くみなさんに知っていただけるきっかけにしていけたらいいなぁ、と思います。

blog0534.jpg

blog0535.jpg

blog0536.jpg

blog0537.jpg

blog0538.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)

公式Fbページ(@utsumiproject)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績