2017年05月27日

仁摩サンドミュージアムの視察旅行に行きました

島根県大田市仁摩町の「世界一大きい砂時計」に会いに行きたい、そんな7年越しの夢が叶いました。
24日21:00に内海を出発しました。が、名神高速道路が春日井IC〜吹田IC間が工事のため通行止めになっていたので回り道をして、何とか出雲大社にたどり着いたのが5:00。お参りを済ませた後、鳴き砂で有名な「琴ヶ浜」まで足を延ばし、早朝の砂浜で海を眺めながらみんなでコンビニで買ってきた朝食を食べました。まるで青春時代にタイムスリップしたような、懐かしい何とも言えない気持ちになりました。その後、「石見銀山」の集落を見物に行きました。エリアが3箇所に分かれていてとても広大でした。
9:00の開場に合わせて、長年憧れのサンドミュージアムとご対面。施設に入って、見るもの聞くもの、感動、感動の連続。みんな50年前の好奇心旺盛な若者に帰っていました。日頃、砂時計に対して情熱を持って活動しているせいでしょうか、全員の目がキラキラと輝いて見えました。南知多観光協会の新聞や、われわれの活動の趣旨を説明したところ、大畑事務局長に直々につきっきりで館内を説明していただきました。
とにかく、すごい、すごすぎる、の一言につきました。
ここでは説明しきれませんので、今後いろんなところで機会があるたびにお話ししたいと思います。「砂時計の町、内海」の未来とオーバーラップさせながら。
この幸せなひと時をみなさんよりいただけましたことに、視察旅行参加者を代表いたしまして深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。

blog0342.jpg

blog0343.jpg

blog0344.jpg

blog0349.jpg

blog0345.jpg

blog0346.jpg

blog0339.jpg

blog0340.jpg

blog0341.jpg

blog0347.jpg

blog0348.jpg

blog0299.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2017年05月23日

内海中学校よりお礼状が届きました

先日実施した、内海中学校での手作り砂時計体験につき、先生、生徒さんよりお礼状が届きました。
生徒さんからの熱い思いの込もったメッセージは、われわれの行っている活動の意義に自信を持たせていただけるような心強い内容でした。

「自分が作りたかった、自分らしい作品になった」

「また参加したい」

「なぜ砂時計なのか、その理由を知ることができた」

「地元内海の砂を使っていることにおどろいた」

「今日作った砂時計をずっと残しておきたい」

「内海の砂が貴重なことを知った」

「地元の砂浜をみんなに伝えたい」

「自分も活動に参加したいと思った」

また、今回で2、3回目の参加となる子たちや、白砂まつりでの手作り砂時計体験にも参加してくれた子たちがいたのがとてもうれしかったです。

blog0299.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2017年05月06日

5月6日の手作り砂時計体験

5日の夜に電話があり、「手作り砂時計体験がしたい」という申し込みがありました。
聞いたことのある声だな、と思いながら「翌日のご予約でしたらいいですよ」と快諾しました。
6日の10:30に来られるとのこと。
お待ちしていたら、その方は昨日「今日の午後に手作り砂時計体験体験がしたい」と電話があった方でした。
「今日はもう済んでしまったので、これからは前日までにご予約をお願いします」とお断りをした方でした。
しかし、お孫さんがどうしても砂時計を作りたいということで、ご両親は内海から先に自宅に帰られたそうですが、その子は武豊の親戚の家に泊まって、晴れて今日、念願の砂時計を作りに来てくれたようです。
みんなで本当に幸せそうに作って見えました。

それともう一つうれしかったのは、私一人で講師をしていたら、途中でスタッフが応援に駆けつけてくれたことです。それも、はるばる武豊から。
ありがとうございました、そしてお疲れさまでした。

blog0323.jpg

blog0299.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2017年04月07日

広がりの「輪」に感謝

全く面識のない年配の女性が訪ねて見えまして、何か大きなビニール袋を差し出して「あのう……これ、使ってください」と、一言おっしゃって帰っていかれました。
初対面の方で、何だろう、と思っている瞬く間の出来事で、引き留める間もありませんでした。
その後、袋の中を覗いてみると、きれいに洗ってあるヨーグルトの空きペットボトルでした。
日頃、われわれがキャップを接着して、テープで巻き、穴をあけ、制作している「手作り砂時計」の材料でした。普通の大きさのペットボトルは、夏に海岸のゴミ捨て場から集めることができますが、こういった小さなペットボトルはなかなか見つからなくて、とても貴重なものでした。
ペットボトルを使った手作りの砂時計は、町内の旅館・ホテルにお配りして、子供連れのお客さんに内海の思い出として、海岸で砂を入れて作る自分だけの砂時計を作って、持ち帰っていただいています。

また、ミニ看板も、日頃みなさんに貝殻で装飾作業をしていただいていますが、この貝殻が不足していたので私が砂浜で貝殻拾いをしていました。それをを見ていた方から「何に使うの?」と聞かれ、「砂時計のミニ看板に使うのだよ」と伝えたところ、いろんな方々がそれぞれ拾い集めてきれいに洗った貝殻を、ビニール袋に入れてわれわれのアトリエの玄関にそっと置いていってくださるようになりました。
チームのメンバーでもない方々からのこのようなご支援、ご協力に、心より感謝申し上げます。

blog0312.jpg

blog0299.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他