2017年06月18日

手作り砂時計体験を実施しました(中京テレビハウジングみなと)

今回は講師が少なくて悩んでいましたが、2、3日前に「時間ができたから俺も行くよ」と、メールが入りました。有難かったです。とても忙しいはずの人なのに、うれしかったです。
おかげで、4人のスタッフで3度目の中京テレビハウジングみなとでの手作り砂時計体験も成功裏に終えることができました。
やはり今回も子供連れのお母さん、お父さん、そして孫に手を引かれてのおじいちゃん、おばあちゃんのご家族が多かったです。
子供さんたちに「内海に行ったことある?」と聞いても、ほとんどの子供さんは「知らない」との返事。
若いお母さんたちに聞くと「子供の頃、親に連れて行ってもらったことがある」。
そして、年配の老夫婦にお尋ねすると、「若いころ、おじいちゃんの車に乗せてってもらってよく行ったよ。あの頃は、夏には内海に行かにゃならんようにして行ったからね」。
そんな言葉を聞いていて、今、内海は現代社会から取り残されてしまっているのかな?もっと、みんなで危機感を共有しなくちゃいけないのかな、とつくづく思いました。
「また、おじいちゃんに頼んで内海の海岸に遊びに来てください。あの頃の、青春時代を思い出して」
そんな問いかけに、屈託のない笑顔でおじいちゃんに熱いまなざしを向けるおばあちゃんが印象的でした。
若いお母さんも、自分の子供の頃の感動を大自然の海辺で、わが子に味わわせてあげられるといいですね。
南知多の新聞やプロジェクトのパンフレットを配りながら、われわれの活動の意味を広報してまいりました。

blog0352.jpg

blog0353.jpg

blog0354.jpg

blog0355.jpg

blog0299.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180089695
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック