2016年12月17日

「花咲かタイムズ(CBC)」の取材がありました

われわれがアトリエで作業をしているところに、女性の声がワイワイガヤガヤ聞こえてきました。
「あれ、こんなところで砂時計を作ってる」との声がして、振り返るとそこには渡辺直美さんと馬場園梓さんがいました。
軽いトークの後、恒例の砂時計制作をしてもらいました。制作指導は、もちろんもっちゃんの出番です。
短い時間でしたが、内海海岸の砂について、大いにPRできたのではないかと思います。
最後は和やかに、「はい、チーズ」で収録を終えました。
今、このプロジェクトには、われわれの思っている以上のスピードで、地域外の方々やマスコミから注目が集まってきています。
これも、これまでのみなさん方のご協力の成果だと思います。本当にありがとうございます。
来年からも、立て看板製作や砂時計体験、そしてイベント参加など、楽しい企画をどんどん実施していきますので、興味のある方はいつでも、やれることを、やれるだけ、やれるときに、ご参加ください。
「百聞は一見に如かず」
頭で考えているよりも、まず、第一歩を踏み出してみませんか。

blog0260.jpg


→全ての記事を見る


内海海岸物語プロジェクト
http://utsumi-project.org/


公式YouTubeチャンネル

公式Twitter(@utsumi_project)


feat_img_A.jpg
posted by 内海海岸物語プロジェクト at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動内容・実績
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178080783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック